私たちの想い

「家づくり」から「家創り」へ


「家づくり」とは、
住む人が、家に合わせた人生を送る家づくりの考え方

「家創り」とは、
住む人が、その人自身の人生に合わせた家を創る
私たちの建築における考え方です。

私たちは、住む人の想い整理し
幸せの価値観を建築に落とし込む 建築設計事務所です。

家創りは、家族の人生そのもの


家をつくる時、何から始めたらいいのだろう。

私たちは、建築図面から書き始めません。
家族全員の想いに耳を傾け、情報整理から始めます。
その後、図面・建物に落とし込んでいきます。

住む人それぞれに違う幸せの価値観


家族それぞれに、幸せの価値観は違うもの。

家族の中でも、立場や年齢、人生経験によって違うもの。
お父さんとお母さんの間でも、
子どもたちの間でも、
おじいちゃんおばあちゃんの間でも、
世代間で比較してみても違うもの。

それぞれ違って当然だと考えます。

家族が家族を知り 想いを共有する 家創りの提案


家を創るという、重要なライフイベントを通して
家族は少しずつ分かり合っていきます。

いつもは口にしない、お父さんのあたたかい一言。
お母さんの子どもたちへの愛情。
子どもたちも、言葉だけでなく、表情や仕草で
家族への想いを一生懸命に表現しています。

家族全員の笑顔を想像して、家族の将来を思い描いていく。
私たちは、家族の想いの整理を大切にしています。

住む人に寄り添い、想いに耳を傾けること


家が建った後も、住む人と関わり続けることが
私たちの使命です。
家族の成長・変化に合わせて、家も成長・変化し、
住む人それぞれにある幸せの価値観も成長・変化していきます。
家創りを通して、住む人の幸せとは何かを
追求し続けていきます。

代表取締役 CEO 菊池 暢晃

「家を創り、場を創り、人を創る。」

家を創る


「家づくり」から
「家創り」へ


家に合わせた人生ではなく、
住む人自身の人生に合わせた家を創ること。

場を創る


あなたと
かけがえのない家族の

未来を共に築く場所


自分自身と家族、会社で共に働く家族、
地域で共に暮らす家族と、想いを共有する時間

人を創る


思いやる心を大切に

自ら気づき、
自ら考え、
自ら実践し続ける人へ