2017年6月2日、建築設計事務所「アップルアーキテクツ株式会社」として、登記申請しました!!!本社を青森に、支店として東横線の妙蓮寺に横浜オフィス、2拠点にて、事業をスタートします。長年、抱いていた夢がひとつ叶いました!30歳で社長になると豪語していた20代(笑)、かなりずれ込みましたが、無事達成!ちなみに、今は39歳です(笑)

今年は、もうひとつ、夢が叶いました。生まれ育った大好きな青森に、家を創りました。子供の頃、レゴブロックが大好きで、いつか自分の家を自分で造りたいと考えていた。漠然とだが家族の人生設計を描いていたので。息子の小学校入学がきっかけとなった。そして家族みんなで創った家は、僕らの家族にとって、世界一の家に仕上がった!

この二つの出来ことは、全て繋がっている。それは、「自分らしく生きるということ!」今まで、サラリーマン生活を送ってきて、逃げ道がたくさんあった。何かあったら、人のせいにすればいいから。会社のせい、お客様のせい。結局、この14年間は他人の人生を生きてきた気がする。本当に自分のやりたいことに気づかないで。このモヤモヤがずっとあって、模索してきた。

でも、こうやって、新たなスタートをきり、すごく、ワクワクするし、楽しみ!ただ不安もあるけど、天秤にかけた時には、ワクワクの方がはるかに上回っていたから、起業の決断ができた。いままでは、プライベートと仕事は割り切っていたけど、これからは、一緒にします!好きな人と、好きなことをしていく!

そして、僕には、もうひとつ夢があります!それは、「世の中の家族が、自分らしく、家族らしく生きる、家・地域・社会、場を創ること」。アップルアーキテクトでは、僕がずっと抱えてきたモヤモヤ体験をもとに、本当は何がしたいのか、どう生きたいのかを、家族のビジョンを一緒に創り、明文化します。そして、造り手であるドリームチーム(家創りプロフェッショナル集団)もビジョンを共有し、一緒に家を造る。完成後も、家族は成長し、世の中も変化することを踏まえると、定期的にビジョンを見直す時期も出てくることを想定し、「ドリームメンテナンス」で、お客様と一生関わっていく。そして、これらのプロセスで、家族全員・そして造り手、関わる人の夢が一緒に叶っていく!

こんな、経験をしたご主人・奥様は、自然に地域のリーダーになり、その背中を見ている子供たちも、リーダーになっていく。こんな、家族を世の中に増やしたい!
そのために実験として、僕が見本になるべく、青森に家を創った。自宅兼本社/モデルハウスとして!

ということで、みなさん、是非是非、遊びに来てくださいね!青森は四季がはっきりしていて、いつ来ても楽しめます!冬は一面の銀世界、春は弘前城桜祭り、夏はねぷた・ねぶた祭り、秋は奥入瀬の紅葉、そして僕が大好きな青森県立美術館、津軽富士と呼ばれる岩木山などなどなど・・・!もちろん、おもてなしもしますよー(笑)

みなさま、どうぞ、アップルアーキテクツ株式会社を、宜しくお願い致します!!!