700x300_gaiyo

社名:アップルアーキテクツ株式会社

設立日:平成29年6月2日

役員代表取締役:菊池 暢晃

主な取引銀行:三菱UFJ銀行 新横浜支店/青森銀行 平川支店

本社/モデルハウス

クリエイティブセンター青森

〒036-0111

青森県平川市小和森上平田1-1

0172-40-4420

gaiyou_honsya1
aa_gaiyou_honsya2

横浜オフィス

クリエイティブセンター横浜

〒230-0075

神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-36-18

SUN HILLS-C

045-642-5720

yoko1_hp
yokoC2_hp

メンバープロフィール

gaiyou_kiku

菊池 暢晃 Nobuaki Kikuchi

代表取締役CEO 1978年青森県平川市生まれ。

弘前工業高等学校建築科卒業。

中央工学校建築科卒業、グロービス経営大学院経営研究科修士課程修了。

 

〈職歴・これまでの歩み〉

建築家の安藤忠雄氏の「光の教会」に影響を受け、建築の世界へ入る。住宅メーカーでは、140組の家族の家づくりに関わり、2017年 6月アップルアーキテクツ株式会社を創業し、同年同月 代表取締役CEOに就任。

ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会2017/ドリームプラン・プレゼンテーション青森2017にプレゼンテーターとして出場。

 

〈現在〉

現在は、住宅を中心に、法人施設、美術館など、横浜・東京・岩手・宮城・青森にて進行中。「家創りを通じて気付いた、人生で大切なこと」(青森県小学校長だより第206号この人に聞く)を執筆。

青森県商工会連合会エキスパート講師/株式会社タカシン建築アドバイザー顧問/株式会社あだち建築設計事務所経営顧問他、企業等の理念・ビジョンの策定や経営計画等にも関わる。

 

〈夢・目標〉

様々な家族の幸せに寄与すること、そして、五常を実践する人生を送ること。

aa_gaiyou_chizu

菊池 千鶴子 Chizuko Kikuchi

専務 1975年埼玉県生まれ

群馬女子短期大学付属高等学校(現:高崎健康福祉大学高崎高等学校)卒業。

杉野女子大学 家政学部被服学科(現:杉野服飾大学)卒業。

 

〈職歴・これまでの歩み〉

株式会社コムデギャルソン勤務、結婚を機に退社

 

〈現在〉

2020年4月よりアップルアーキテクツ株式会社にて、バックオフィス全般を咀嚼中。

2男児の母。仕事も、母親業も、日々ゆっくり丁寧に、、考案中。

 

〈夢・目標〉

会社のお母さん的存在として。また、会社のおばあちゃん的存在になれたらなぁと密かに思索中。

aa_gaiyou_aico

山﨑 愛子 Aico Yamasaki

設計 1985年栃木県小山市生まれ

栃木県立小山南高等学校スポーツ科卒業

宇都宮メディアアーツ専門学校建築科卒業

 

〈職歴・これまでの歩み〉

学生時は千葉学氏の個展の模型製作に携わり、宇都宮の設計事務所にて一から学び、二人目の子どもの出産を機に栃木から東京に移住。都心で都市開発の補償コンサルタントを経て、令和2年弊社入社。

 

〈現在〉

全ての物事に対して、愛をもって接する事を心がけています。感謝や許し、謝罪はコレがあれば、素直に言葉に出来ます(ホ・オポノポノ)

そして二人の息子の母として心が育児も楽しんでいます。

日用品の流通に携わり、健康美容の知識も活かしたサイドビジネスも展開中。

趣味は家庭菜園、DIY、SAP、山遊び。

 

〈夢・目標〉

最終的な夢は世界平和。その為に出来る事を全てする。

aa_gaiyou_fu

平林 史恵 Fumie Hirabayashi

企画戦略室 1988年福島県会津若松市生まれ。

岩手県立黒沢尻北高等学校 卒業。

東京国際大学 国際関係学部国際関係学科 卒業。

 

〈職歴・これまでの歩み〉

建築仮設資材商社の営業事務、塾講師を経てグラフィックデザインの道へ。埼玉県の広告制作会社、都内の広告代理店(海外化粧品会社・映画配給会社の広告代理)に勤務後、結婚を機に青森県弘前市へ移住。

2018年7月に独立し、steam farm designを開業。2020年1月からアップルアーキテクツ株式会社へジョイン。

 

〈現在〉

・steam farm design 代表

グラフィックデザイナー、ライター、映像制作、イラストレーター、商品開発などブランディング全般を行う。

・アップルアーキテクツ株式会社 企画戦略室

ブランディング全般(紙・web媒体 デザイン全般)、広報(HP、SNSなど社外向け情報発信全般)を担当。

 

〈夢・目標〉

デザイン・ブランディングの力で、笑顔になる人を1人でも多く増やすこと。その笑顔に関わり続けること。